忘れえぬ人々

読書

忘れえぬ人々

わすれえぬひとびと

 国木田独歩の小説。初出:明治31年4月「国民之友」

 ふと行きずりに見かけた人を通じて、天地の悠久を感じ、詩を感じる、という独歩の初期の傑作である。

 

源おじ・忘れえぬ人々 (1967年) (旺文社文庫)

源おじ・忘れえぬ人々 (1967年) (旺文社文庫)

国木田独歩―『忘れえぬ人々』論他 (1981年)

国木田独歩―『忘れえぬ人々』論他 (1981年)

脳を鍛える大人の名作読本〈14〉イボタの虫・忘れえぬ人々

脳を鍛える大人の名作読本〈14〉イボタの虫・忘れえぬ人々