スマートフォン用の表示で見る

防衛装備庁

社会

防衛装備庁

ぼうえいそうびちょう

[英語表示] Acquisition, Technology & Logistics Agency (略称ATLA)

防衛装備庁は、防衛省外局として設置されている日本の行政機関

2015年10月1日発足。

初代長官は渡辺秀明?

防衛装備品の適切な開発、生産、維持整備は、我が国安全保障上、極めて重要で、特に、

  1. 諸外国との防衛装備・技術協力の強化
  2. 厳しさを増す安全保障環境を踏まえた技術的優位の確保
  3. 防衛生産・技術基盤の維持・強化
  4. 防衛装備品のハイテク化・複雑化等を踏まえた調達改革

等は重要な課題となっている。

また、高品質の装備品の一層効率的な取得や、コスト管理の徹底を図るためには、装備品の構想段階から研究開発、取得、維持・整備といったライフサイクルを通じた、一元的かつ一貫した管理が必要となっていた。

そこで、防衛省内(内部部局、陸海空幕僚監部、技術研究本部、装備施設本部)の装備取得に関連する部門を集約・統合したものとして設置された。

施設