防災とボランティアの日

一般

防災とボランティアの日

ぼうさいとぼらんてぃあのひ

1995年1月17日に発生した「阪神・淡路大震災」に因んで制定された記念日。

毎年1月17日。

1995年12月15日に閣議了解により設けられた。

目的

災害時におけるボランティア活動及び自主的な防災活動についての認識を深めるとともに、災害への備えの充実強化を図ること。

期間

実施内容

災害時におけるボランティア活動及び自主的な防災活動の普及のための講演会、講習会、展示会等の行事が、国、地方公共団体、関係団体等の緊密な協力のもと全国的に実施される。