北岡悟

スポーツ

北岡悟

きたおかさとる

プロフィール

生年月日1980年2月4日
出身地奈良県奈良市
所属ジムロータスパラエストラ世田谷
バックボーン柔道ブラジリアン柔術
血液型O型
身長168cm
体重70kg


パンクラスに入団する前は柔術道場「パレストラ(現・パラエストラ)」で学び、柔術は色帯。

その後、パンクラスから許可をもらった上でパラエストラパンクラスismの両方に所属する形となっていた。

同じくパラエストラ中井祐樹を指導者と仰ぐ青木真也とは盟友関係。今成正和らを加えた寝技の練習仲間はNTT(ニホントップチーム)とも呼ばれる。

パンクラスウェルター級で着実に上位に上がっているほか、ジム(P's LAB)の練習生がアマチュア大会に出場する際のセコンドをまめに務める。

また、他団体の興行も格闘技好きの一観客として見に行くことが多い。

無差別最後の大会となった、ネオブラッドトーナメント2002で準優勝。

ギロチンチョークや足関節が得意で、特にギロチンに関しては、日本人選手としてMMAの公式試合でもっとも多くこの技で一本勝ちしている。

2008年から戦極(現・SRC)で活躍、ライト級トーナメント優勝。

2009年1月4日、同階級の初代王者を決める五味隆典との試合でも足関節で秒殺勝利、チャンピオンになった。しかし同年8月、同階級タイトルマッチ廣田瑞人にTKO負けし王座から陥落した。

2010年10月、パンクラスを退団し、ロータスパラエストラ世田谷に移籍。

入場時の表情や視線などが非常に個性的なため、気持ち悪いけど強いという「キモ強」とのニックネームを一部から付けられたが、本人はあまり好んでいない。


獲得タイトル


リスト::格闘家