北海道家庭学校

一般

北海道家庭学校

ほっかいどうかていがっこう

北海道紋別郡遠軽町にある私立の児童自立支援施設

1914年(大正3年)、留岡幸助東京府巣鴨村に創設した家庭学校の分校として開設した。

入所定員は85名で、小学生から中卒生までの少年(男子のみ)が敷地内にある8つの夫妻制寮舎で共同生活をしている。

塀や柵のない開放処遇を採用し、439ヘクタールの広大な森の敷地には礼拝堂、本館、体育館、寮舎、給食棟のほか、牛舎やバター製造舎、味噌醸造場など31棟の施設が点在する。教育の一環として園芸、土木、塗装、酪農など多分野にわたる生産活動を行なっている。

卒業生総数は2007年10月現在、2288人にのぼる。