新北九州空港 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

地理

北九州空港

きたきゅうしゅうくうこう

北九州空港は、福岡県北九州市小倉南区空港北町と京都郡苅田町空港南町に跨る人工島上にある空港(海上空港)で、国土交通大臣が設置・管理者となっている拠点空港(国管理空港)である。

なお、ターミナルビルや空港事務所は北九州市側に所在している。

初代の北九州空港は滑走路が1,600m(当初は1,500m)と短く、大型ジェット機の離着陸が行えなかった。また、地形上の関係から濃霧の発生が多く、欠航率も高かったため、当空港が新設されることになった。

2006年3月16日に「新北九州空港」として開港し、2008年6月18日付で「北九州空港」に改称された。国内で9番目、九州初の24時間空港として運用している。

沿革

2006年3月16日、新北九州空港として開港。

2008年6月18日、北九州空港へ改称。

空港データ

IATA 3レターコードKKJ
ICAO 4レターコードRJFR
滑走路方向18/36
滑走路全長×全幅(m)2,500×60
滑走路面舗装

アクセス