北元

社会

北元

ほくげん

元朝の崩壊後、モンゴルの地に移った残存勢力

1368年に、元(大元)の第14代大ハーン?トゴン・テムル(在位:1333年 - 1370年)が長江流域に興った明の北伐?を逃れて大都(現在の北京)からモンゴル高原に撤退し、この政権に属する遊牧部族を同時代の漢文史料では韃靼(だったん、拼音:dádá)と呼び、日本では韃靼カタカナ表記であるタタールという名称も用いられる。