スマートフォン用の表示で見る

北条義時

社会

北条義時

ほうじょうよしとき

鎌倉幕府二代執権北条時政次男(四男説も)。法名徳崇。

一時、別家し江間小四郎義時と名乗ったように、本来北条家は父・時政の後妻・牧野の方の子の北条政範が継ぐはずだったが、政範は1204年に夭折

後継者不在の中、翌年牧の方事件で、牧の方と父・時政を追放

姉の北条政子の後援のもと、義時が本家に戻る形で、北条家当主となり再び北条義時名に戻る。法名が『徳崇』だったため、以降の北条家本家当主は歴代得宗』と呼ばれるようになった。