北条時政

一般

北条時政

ほうじょうときまさ

鎌倉幕府初代執権遠江守。

娘婿源頼朝を助けて挙兵に参加。

頼朝死後、比企氏を打倒し、源頼家伊豆に幽閉してその弟源実朝を将軍に就けて幕府実権を握った。

その後、後妻牧の方と娘婿平賀朝雅の将軍擁立を謀ったとして、先妻の子である政子・義時によって失脚させられた。