スマートフォン用の表示で見る

北斗剛掌波

マンガ

北斗剛掌波

ほくとごうしょうは

北斗神拳の奥義の一つでラオウの得意技。

掌から気を飛ばし、相手に触れることなく吹き飛ばす。

一部の人には「みかん」と呼ばれ恐れられている。→北斗の拳(スロット)参照