スマートフォン用の表示で見る

北島三郎

音楽

北島三郎

きたじまさぶろう

演歌歌手。俳優。本名は大野穣?東京声専音楽学校卒。

1936年10月4日生まれ。北海道出身

北島音楽事務所社長。

言わずと知れた演歌界の重鎮。

作曲の際のアーティストネームとして原譲二という名前も持つ。

略歴

  • 19歳の頃、歌手を目指して上京した北島は、東京声専音楽学校に入学。ところが、自分が習いたい歌謡曲ではなく、本格的な声楽であったため戸惑いを感じながらも卒業*1
  • 1960年、恩師である船村徹に出会った北島は、流しで修行を積み、1962年「ブンガチャ節」でデビュー。ところが、歌詞の内容が当時の風俗から厳しい目で見られ、放送禁止となってしまう。
    ところが、同年発売したレコード「なみだ船」が大ヒット。第4回日本レコード大賞新人賞を受賞する。
  • 1963年には、NHK紅白歌合戦に初出場。その後も、発売するレコードのほとんどがミリオンセラーとなり、1967年にはシングル盤プレス2000万枚の業界記録を達成した。
    歌で活躍する傍ら、その強面を活かし、当時人気のあった任侠映画にも出演。世界観を歌い上げた任侠シリーズもヒットし、歌手としてだけでなく、俳優としても人気を得る。
  • 1974年、北島音楽事務所設立。社長に就任し、山本譲二といった歌手を世に送り出した。
  • 1978年、時代劇『暴れん坊将軍』に辰五郎役で出演。最初は大工棟梁であったが、やがて火消しの「め組」を立ち上げ、「め組の辰五郎」としてレギュラー入りし、人気を博した。また、同番組の主題歌も担当し、「がまん坂」などの曲でヒットを飛ばした。俳優業の傍らで演歌一筋に生きる男の姿に惚れるファンも多く、その姿を慕ってやってくる門下生が後を絶たない。
  • 2002年、北海道函館市に「北島三郎記念館」が建てられ、サブちゃんのそれまでの功績が展示されている。
  • 2013年のNHK紅白歌合戦出場で1963年の初出場から通算50回目。これを期に紅白歌合戦を引退。

TV

  • 北島ウインクハート

*1:後の演歌歌唱において、ここで学んだことがとても役に立ったとコメントしている。