スマートフォン用の表示で見る

北投区

地理

北投区

ほくとうく

台北市市轄区の一つ。区内には北投温泉や陽明山などの観光地が位置している。「北投」はかつて平埔族バサイ族(ケタガラン族の一支族)集落「パッタオ社」があったところで、パッタオとはバサイ語で巫女の意味を持っていた。台北地区でもっとも開発が早く始まった所でもある。台湾語音により「北投(Pak-tâu)」と宛てられた。

1626年-1662年、平埔族とスペイン人、オランダ人との間で硫黄貿易が行われていた。1697年、郁永河が北投で硫黄を採掘した際の旅行記『裨海記遊』(現存する最も古い台湾旅行記)を記述。鄭成功親子が台湾を統治する前まではこの地に漢人が住むことはなかったが、乾隆帝の初期に先住民より土地を購入し開墾された。光緒元年に台北府が置かれ、北投地区は淡水鎮に所属した。日本統治時代の頃は台北州七星郡北投庄と呼ばれた。戦後は北投鎮として七星区に所属した。1947年に七星区が淡水区に編入され、1968年7月1日台北市へ改編され、北投の地方行政台北市政府の直轄となった。