北面武士

社会

北面武士

ほくめんのぶし

主に日本の平安時代後期以降において、院御所の北面(北側の部屋)の下に詰め、上皇の身辺を警衛、あるいは御幸に供奉した武士のことを指す。