スマートフォン用の表示で見る

北野大茶湯

北野大茶湯

きたのだいさのえ

天正15年10月1日(1587年11月1日)に、京都北野天満宮境内において、豊臣秀吉が主催した大規模な茶会。

秀吉が、京都朝廷や民衆に自己の権威を示すために行われたが、十日間の予定だったものの、初日で終了した。

これは初日の夕方に肥後国一揆が発生したという知らせが入って秀吉が不快を覚えたからだという説が通説となっている。