スマートフォン用の表示で見る

北陸本線

地理

北陸本線

ほくりくほんせん

概要

米原直江津間 353.9km の幹線鉄道1913年4月1日全通。

日本海に沿って関西と北陸・東北を結ぶ大動脈日本海縦貫線」の一部を構成する。福井金沢富山という北陸地域の中心都市を結びながら、この区域を結ぶ新幹線がまだ出来ていないため、全線にわたり在来特急(下記)が頻繁に運転されて、「特急銀座」「特急街道」の異名を持つ。

大阪方面からの列車はかつては米原まで東海道線を走り、米原から北陸線に入っていたが、湖西線開業後の1975年からは急行きたぐにを除き湖西線を経由するようになっている。

東京方面へは直江津から信越線長野経由、長岡から上越線経由などのルートがあったが、現在は北越急行ほくほく線が開業したので、これを経由するのが最速ルートである。

米原長浜間と糸魚川直江津間が直流1500V、長浜糸魚川間が交流20000V/60Hzで電化されていたが、平成18年(2006年)9月24日より長浜敦賀間が直流による送電に変更*1。これにより琵琶湖線湖西線の列車が乗り入れることになる敦賀は、京阪神の通勤圏に入ることが期待されている。

*1デッドセクション敦賀-北陸トンネル間に存在する

*2:繁忙期のみの臨時列車