僕と妻の1778の物語

映画

僕と妻の1778の物語

ぼくとつまのせんななひゃくななじゅうはちのものがたり

草なぎ剛竹内結子主演の日本映画2011年1月15日公開。

フジテレビ系のドラマ「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」「僕の歩く道」を制作した主要スタッフによる「僕シリーズ」の映画版。

原作者のSF作家眉村卓と妻との実話を元にしたストーリーになっている。

SF小説家の朔太郎(サク)は、余命1年を宣告された妻・節子を笑わせ免疫力を上げるような短編小説を書こうと決意。毎日1編、原稿用紙3枚以上の短編を書いてゆく。

スタッフ

監督:星護

脚本:半澤律子

音楽:本間勇輔

原作:眉村卓(「日がわり一話」「日がわり一話第2集」「妻に捧げた1778話」「日課・一日3枚以上」)

制作:堤田泰夫、亀山千広、飯島三智、島谷能成、細野義朗

プロデューサー重松圭一、種田義彦、岩田祐二

アソシエイトプロデューサー:川上一夫、瀬田裕幸

ライン・プロデューサー:伊藤正昭

技術プロデューサー友部節子

美術プロデューサー:杉川廣明

撮影:浅野仙夫

照明:三上日出志

録音:山成正己

映像:阿部友幸

美術デザイン:柳川和央

美術進行:山下雅紀

記録:幸縁栄子

編集:河村信二

助監督:中西正茂

制作担当:中川真

制作プロダクション:共同テレビジョン

製作:関西テレビ放送フジテレビジョンジェイ・ドリーム東宝、S・D・P、FNS26社

配給:東宝