スマートフォン用の表示で見る

墨俣城

地理

墨俣城

すのまたじょう

長良川西岸の墨俣地方にかつてあった城。別名「一夜城」。現在の岐阜県大垣市墨俣町墨俣にあった。豊臣秀吉がまだ木下藤吉郎と名乗っていた頃に一夜にして築城した逸話で有名である。

1561年頃に織田信長美濃の斉藤氏と対峙していた時に拠点として要害をつくったのが最初とされる。その後、1566年に木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)が稲葉山城(後の岐阜城)攻略の際に墨俣に一夜城を築いて在城したとされている。しかし、この一夜城伝説は史料に基づく根拠に乏しいと指摘され、信憑性に乏しい話と言われている。