スマートフォン用の表示で見る

牧野信一

読書

牧野信一

まきのしんいち

作家名: 牧野 信一

作家名読み: まきの しんいち

ローマ字表記: Makino, Shin'ichi

生年: 1896-11-12

没年: 1936-03-24

人物について: 神奈川県足柄下郡小田原町生まれ。大学卒業後、同人誌「十三人」を創刊し、『爪』を発表する。これが島崎藤村に認められ、その藤村の紹介で「新小説」に『凸面鏡』を発表。代表作に『父を売る子』『鬼涙村』。神経衰弱から、1936年3月24日、小田原の実家で自殺

青空文庫より

ギリシア牧野と呼ばれ、幻想的な作風と私小説的な作風を兼ね備え、宇野浩二葛西善蔵らと石川淳太宰治坂口安吾*1 *2といった世代の作家の間を考えるうえで重要な作家。

*11931年10月〜32年3月雑誌「文科」を創刊・編集。河上徹太郎中島健蔵小林秀雄三好達治坂口安吾らを執筆陣として迎えた。

*2坂口安吾1947年に発表した「オモチャ箱」は三枝庄吉という名前で牧野信一自殺までを描いた短編である。