堀河天皇

一般

堀河天皇

ほりかわてんのう

平安時代後期の天皇。諱は善仁(たるひと)

白河天皇が親政を行うため、幼くして譲位される。