一般

堀江被告

ほりえひこく

堀江貴文のことと思われる。

2006年2月13日、証券取引法違反(偽計、風説の流布)罪で元幹部3人とともに東京地検特捜部に起訴され、容疑者から被告に呼称が変更された。