スマートフォン用の表示で見る

堀田正睦

一般

堀田正睦

ほったまさよし

幕末期の政治家(1810.08.01-1864.03.21).老中下総佐倉藩主

父は堀田正時.相模守・備中守.

従兄正愛(まさちか)の養子となり,1825(文政8)年遺領相続.29年奏者番就任以降,寺社奉行兼帯・大坂城代・西丸老中などを勤め,41(天保12)年に本丸老中となり天保の改革を支えたが,43年に罷免

55年に阿部正弘の推挙により老中首座となり,翌年外国御用取扱.58年にアメリカ駐日総領事ハリスの出府・将軍謁見を実現.日米修好通商条約を審議し,条約勅許を求めて上京するが失敗.

直後,井伊直弼大老に就任し,無勅許調印を行い,正睦は責任転嫁されて罷免,翌年隠居となり,62(文久2)年には蟄居.

学問振興のため藩校成徳書院・演武場を設立蘭学者佐藤泰然を招き,日本初の私立病院順天堂を開設.これにより,「西の長崎,東の佐倉」と称されるほど蘭学が発展した.