スマートフォン用の表示で見る

本屋さんのダイアナ

読書

本屋さんのダイアナ

ほんやさんのだいあな

柚木麻子による小説作品。

あらすじ

「大穴(ダイアナ)」という名前、金色に染められたバサバサの髪。自分の全てを否定していた孤独なダイアナに、本の世界と彩子だけが光を与えてくれた。正反対の二人だけど、私たちは一瞬で親友になった。そう、“腹心の友”に――。

柚木麻子 『本屋さんのダイアナ』 | 新潮社
本屋さんのダイアナ

本屋さんのダイアナ