本格ミステリ冬の時代

読書

本格ミステリ冬の時代

ほんかくみすてりふゆのじだい

松本清張のデビューした1957年以後「社会派推理小説」の全盛期となり、新本格ミステリの登場する1987年頃まで、いわゆる古典的なパズラーが発表しづらい状況が続いたとする説のこと。鮎川哲也綾辻行人芦辺拓らによって唱えられた。

この間、泡坂妻夫栗本薫などの「幻影城」出身作家や笠井潔など一部の例外はあったものの、商業的にも批評的にも周縁の存在であったと考える。

反証としては、この時期も本格ミステリは連綿と書き続けられた事実が挙げられる。千街晶之らによる『本格ミステリ・フラッシュバック』には、そうした作品が数多く紹介されている。

文献

鮎川哲也十角館の殺人』文庫版解説

綾辻行人十角館の殺人<新装改訂版>』あとがき

千街晶之市川尚吾/大川正人/戸田和光/葉山響/真中耕平/横井司『本格ミステリフラッシュバック