本郷功次郎

映画

本郷功次郎

ほんごうこうじろう

1938年2月15日生まれ。俳優。

妻は、元宝塚歌劇団のトップスターで現在、宝塚受験サポート教室を経営している古城都(ウェストサイドストーリー初演時のトニー)。俳優・本郷壮二郎は次男。


岡山市表町に貸しビル業を営む家に生れる。岡山県立朝日高等学校から、1956年立教大学文学部米文学科に入学

大学では柔道部に所属。部の仲間ととった写真が映画関係者の目に留まり、誘われるままに受けた「大映演技研究所」の試験に合格し、第12期大映ニューフェイスとして、1958年入社する。

1959年、「講道館に陽は上る」で準主役として映画デビュー。大映に若手スターが手薄だったこともあり、その後立て続けに映画出演をこなし、一躍、大映の看板スターの座を手中にする。特に市川雷蔵には弟のようにかわいがられ、共演も多かった。

1971年大映倒産後はテレビを主な活躍の場にし、「特捜最前線」の橘警部役などで人気を博した。

2013年2月14日、心不全のため死去。74歳。


主な出演作品

大菩薩峠」シリーズ (1960‐1961年

ガメラ」シリーズ (1966‐1968年

釈迦」(1961年

「秦・始皇帝」(1962年

武田信玄」(1988年/大河ドラマ

ガメラ 大怪獣空中決戦」(1995年)