スマートフォン用の表示で見る

本城聡章

音楽

本城聡章

ほんじょうとしあき

ミュージシャン、ギタリスト

1964年9月10日東京都生まれ。

高校の軽音楽部で先輩であるケラに出会い、有頂天の参加を経て、同時進行で筋肉少女帯に一時加入し、両方のバンドから脱退する。

1989年よりメジャーデビュー後の筋肉少女帯橘高文彦と同時に再加入した。

ヘヴィメタル橘高とは全く対照的な、ポップでグルーヴなスタイルで、作曲家としても5枚目のアルバム「エリーゼのために」から、メロディアスかつハードでグルーヴ感のある曲を多数提供して、筋少サウンドの中核を担っている。

大槻ケンヂのソロアルバムや大槻の別バンド「特撮」などにも曲を提供している。

影響を受けた音楽は、Led Zeppelin, T-REX, The CURE 等。