本染

一般

本染

ほんぞめ

機械染めに対して手染めであること。

手作業による染物であることを示す。この場合、本手染とも言われる。

機械染めである場合、両面プリントか、片面プリントになるが

本手染めによるものの場合、染料が染み込むため表面だけでなく、内側まで染まる。


合成染料に対して自然染料を使うこと

この場合、草木染めなどと言われる。

藍染を代表に、さまざまな植物での草木染めが存在するが

色の落ちにくさ(色どまり)やカラーバリエーションの問題から

今ではほとんどが合成染料によって行われている。