スマートフォン用の表示で見る

本多健一

サイエンス

本多健一

ほんだけんいち

光電気化学者。東京工芸大学名誉学長、東京大学名誉教授。日本学士院会員。

1925年8月23日、生まれ。2011年2月26日、死去。85歳だった。

東京都出身。

1967年、東京大学工学部助教授だった頃、大学院生だった藤嶋昭氏(現・東京理科大学学長)とともに、酸化チタンの電極を水に浸して光を当てると、水が水素酸素に分解される光触媒効果を発見。この現象は「本多・藤嶋効果」と呼ばれている。

東京大学教授、京都大学教授を経て、1986年に東京大学名誉教授。

1996年から東京工芸大学学長を務め、2004年から東京工芸大学名誉学長。

1997年文化功労者に選ばれる。

2004年、日本国際賞を受賞。