本朝神社考

読書

本朝神社考

ほんちょうじんじゃこう

日本の江戸時代林羅山が書いた文献。神儒合一の理を説き、神仏習合非難した内容となっている。