本田次郎

社会

本田次郎

ほんだじろう

日本の平安時代後期から鎌倉時代前期の武将。諱は親経。

畠山重忠の郎党で一ノ谷の戦いで、敗走途中の平師盛を討ちとったことで知られている。