スマートフォン用の表示で見る

摩耶ケーブル

地理

摩耶ケーブル

まやけーぶる

一般財団法人神戸すまいまちづくり公社が運行する鋼索鉄道ケーブルカー)。

もともとは、摩耶山忉利天上寺への参詣路線として開業した路線である。

摩耶ケーブル線と摩耶ロープウェーとを合わせて「まやビューライン夢散歩」という愛称がついている。

摩耶ケーブル線データ

運行区間摩耶ケーブル駅虹の駅
営業キロ0.9km
軌間1,067mm
駅数2駅
傾斜勾長905.256m
最大高低差312.435m
最大径間長627.2m
最大勾配546.5‰
最小勾配208.3‰

沿革

1925年1月6日、摩耶鋼索鉄道高尾(現・摩耶ケーブル) - 摩耶(現・虹)間を開業。

1938年7月5日、阪神大水害により8月4日まで運休。

1944年2月11日、戦時不要不急路線として高尾 - 摩耶間を運行休止。

1955年5月7日、高尾 - 摩耶間の運行再開。

1956年11月2日、開業前に取得していた高尾 - 麓間の路線免許を返上。

1967年7月9日、大水害により7月15日まで運休する。

1973年2月1日、高尾を「摩耶ケーブル下」に改称。

1975年10月29日、六甲有馬鉄道合併六甲摩耶鉄道の路線となる。

1995年1月17日、阪神・淡路大震災被災、長期運行休止。

2000年4月25日、摩耶ロープウェーを所有、運行する神戸市都市整備公社無償譲渡し、同公社の路線となる。

2001年3月17日、運行再開。摩耶ケーブル下を「摩耶ケーブル」、摩耶を「虹」(通称・「虹の駅」)と改称。