魔女のオーケストラ

音楽

魔女のオーケストラ

まじょのおーけすとら

魔女の音楽(歌曲中心)を専門に演奏するオーケストラ歌劇団

黒実音子が創立。

別名(旧称)「メルヘンウィッチオーケストラ

ヨーロッパなどの特殊な民族楽器を使い、独特な音楽世界を表現する。

2002年から本格的に活動を開始。

主な活動地域は東京


楽曲

楽曲はファド(ポルトガル音楽)や、アルゼンチンタンゴフラメンコシャンソンなどの要素を多く取り入れ、それらの特徴を持つオリジナルな楽曲で、語り、セリフなども多く、ミュージカルとも似た部分がある。

歌詞

詩(歌詞)は「イベリア地方の迷信」を中心に、魔女の物語などを扱っている為、ファンタジーと誤解される事が多いが、幻想芸術によくある耽美的要素はあまり見られない。

むしろユーモア哲学を交え、ゲーテファウストスペイン神学文学などから題材をとった神学的要素が強いマニアックなもの。