スマートフォン用の表示で見る

魔動王グランゾート

アニメ

魔動王グランゾート

まどうきんぐぐらんぞーと

リスト::アニメ作品//タイトル/ま行

リスト::アニメ作品//セルアニメ

放送:1989年4月7日〜1990年3月2日

総話数:全41話

制作:サンライズ

放送局日本テレビ

魔神英雄伝ワタル』の後番組として制作された『魔動王グランゾート』は、世界観こそ異なるものの、基本的にワタルの路線を踏襲した作品といえる。すなわち、おもしろく、かつマジメで、それでいて軽快な「おもしろマジ軽」路線である。

あらすじ

月旅行が当たり前になった未来。地球在住の小学5年生、遥大地は町内の福引に当選して、この夏休みは月旅行を満喫するはずだった。しかし到着した月都市で噂の「ウサギ人間」と出逢ったことから、摩訶不思議な冒険旅行に首を突っ込んでしまうこととなる。

ウサギ人間」とは、実は月の地下世界「ラビルーナ」に大昔から住んでいた「耳長族」と呼ばれる人間たちのこと。大地が出逢った大魔道師のV-メイとまだ幼い少女のグリグリは、ラビルーナを支配するために異世界からやって来た「邪動族」と戦う「魔動戦士」を探すためにやって来ていたのだった。

大地、V-メイ、グリグリは旅の途中でガス、ラビの2人の魔動戦士を仲間に加え、魔動王グランゾート、ウインザート、アクアビートを駆り地下世界ラビルーナを平和に導きながら聖地ルナを目指して旅を続ける。そんな彼らの前に立ちふさがるのは、邪動族を束ねるアグラマントとその3人の部下、シャマン、エヌマ、ナブー。彼らは光の3魔動王と対を成す「闇の九邪動神」、そして彼らに与するマッドサイエンティスト「ドクターバイブル」が作り上げた3体の邪動王を操り、大地たちを抹殺するべく幾度となく行く手を阻む。

大地たちは新たな力「ゾーラクラウン」を手に入れ魔動王をパワーアップさせると、5層構造のラビルーナを中心部に向けて冒険し、ついに最終目的地である聖地ルナに到着。アグラマントと邪動族の最高神たる「暗黒大邪神」を倒して平和を取り戻す。

キャスト

メインスタッフ

原作:矢立肇広井王子

総監督:井内秀治

キャラデザイン:スタジオライブ

メカデザイン:大河原邦男

企画協力:レッドカンパニー

脚本:中弘子、三井秀樹、高橋良輔ほか

音楽:田中公平