魔法少女ちゅうかなぱいぱい!

テレビ

魔法少女ちゅうかなぱいぱい!

まほうしょうじょちゅうかなぱいぱ

1989年1月〜6月にフジテレビ系列で放送された石ノ森章太郎原作の東映不思議コメディーシリーズの第9弾。これまでのロボットモノ、探偵モノから美少女路線に方向転換した記念すべき最初の作品。

中華魔界に住むヒロイン・ぱいぱい(小沢なつき)はレイモンドという青年と婚約することが決まっていたが、それがラーメンにされてしまった。それを人間社会にまで追いかけながら、母親の代わり(家事手伝い)として高山家に居候して人間の暮らしにも慣れ親しんでいくというもの。