魔列車

ゲーム

魔列車

まれっしゃ

ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズに登場するボス敵、およびFF6に登場するダンジョン。死者の魂を霊界に送り届けるための列車。

ボスモンスターとしての魔列車

FF6

魔列車を散策後に、直接戦うことになる。バックアタック。全体攻撃「酸性雨」「魔界の汽笛」や単体攻撃「車輪」などを使う。

FF1

風のささやく洞穴にいる。同ダンジョンのボスでは3番目に戦う。「酸性雨」などを使用。

FF4TA

真月深層部にいる。種族が機械(雷に弱い)・アンデッド(炎に弱い)の2つで、聖属性にも弱いため弱点が多い。バックアタックでの戦闘となり、「車輪」(単体攻撃。物理攻撃なので「ブリンク」で回避可能)や「ホーリー」「死の宣告」などを使用。

ダンジョンとしての魔列車

FF6のストーリー序盤で、ドマ帝国の森でマッシュらの一行がたまたま発見し、乗り込む。全部で11両あり、マッシュ一行は10両目から探索を開始。8両目に来たところでイベントが起き、7両目から後ろが切り離されて6両になる。先頭にある機関車の機関室でスイッチを押し、そのあとで煙突部分のスイッチを押すと列車本体が怒って、ボス戦となる(上記)。撃破ののち、ある駅で停止して、カイエンの家族の霊と入れ替わりに降りることになる。