スマートフォン用の表示で見る

麻薬特例法

社会

麻薬特例法

まやくとくれいほう

日本の法律の通称

法令:国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(平成三年十月五日法律第九十四号)

薬物犯罪により得た収益を没収することにより、規制薬物に関する不正行為を防止するために定められた法律。麻薬新条約の批准に必要な国内法整備のため、1991年に制定された。