又吉正治

一般

又吉正治

またよしまさはる

民俗学者1947年8月熊本県不知火村生まれ、本籍那覇市1966年琉球政府首里高等学校卒業、1970年静岡大学工学部電気工学科卒、1980年「医療機器システムの電気的安全性」で東京大学医学博士(医用生体工学)、1982年ブリティッシュ・コロンビア大学客員研究員修了。慶應義塾大学客員教授荻野恒一に文化精神医学精神分析を師事。琉球文化の文化精神医学的研究「沖縄シャーマニズム祖先崇拝)にみる家族療法の機能」を共著し、以来、日本文化と西洋諸心理学の統合と体系化を目指し、まぶい分析学を創始。日本文化心理学と家族療法研究会を主宰。

著書

共著