スマートフォン用の表示で見る

末松太平

一般

末松太平

すえまつたへい

(1905年9月11日-1993年1月17日)

福岡県北九州市生まれる。小倉中学校、広島陸軍幼年学校を経て1927年陸軍士官学校(三十九期)卒業。35年陸軍大尉。36年二・二六事件により起訴され、37年1月陸軍軍法会議禁錮四年の判決を受け免官。39年出獄。

著書

二・二六事件にかかわったが、生き残った陸軍将校

陸軍士官学校卒、陸軍大尉。二・二六事件のいわゆる青年将校であり禁錮4年の判決を受け免官。

著作『私の昭和史』は二・二六事件の第1級資料とされている。