スマートフォン用の表示で見る

万華区

地理

万華区

ばんかく

台北市市轄区。万華は古くは台湾原住民平埔族ケタガラン族が住んでいたところで、ケタガラン語で丸木舟を意味する「ヴァンカア」が語源。山から切り出した木をこの地区を流れる川を伝って丸木舟で別の場所に運んだことから。台湾語音で艋舺(のちに一部で文甲)という漢字が宛てられた。台北で最も古い地域であり、現在の貴陽街と環河南路口付近の紗帽厨番社がその発祥である。1709年、陳頼章が福建居民を率いて舟で移住した。

1920年台湾総督府による行政改編のなかで、台北台北州が設置され、艋舺にも発音が類似し、「万年の繁栄」との願いを込めて萬華(略字:万華)の漢字に改変された。なお、台湾語では旧称の艋舺(Báng-kah)が現在でも使用されており、幹線道路の名前にもなっている。