スマートフォン用の表示で見る

万里小路宣房

社会

万里小路宣房

までのこうじのぶふさ

日本の鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての公卿大納言

後醍醐天皇の信頼が厚い賢臣の1人。正中の変の際は鎌倉に赴き天皇の告文を伝えて事件を落着させ、その功により、従一位大納言となった。