スマートフォン用の表示で見る

満州国国務院

読書

満州国国務院

まんしゅうこくこくむいん

満洲国における行政機関。同国は議会を持たなかったため、国政の最高機関であった。 体制上は国家元首である溥儀の直属の組織であったが、実際の国務院には関東軍から送り込まれた日本人が要職を押さえていたため、溥儀であっても自由にできない組織であった。