漫談

アート

漫談

まんだん

(1)とりとめのない話。

(2)演芸の一。世相などを話題として風刺や批評をまじえた軽妙な話芸。大正末頃、大辻司郎徳川夢声活弁士たちによって始められた。〔大辻司郎の命名〕

三省堂提供「大辞林 第二版」より