スマートフォン用の表示で見る

箕作阮甫

一般

箕作阮甫

みつくりげんぽ

(1799-1863) 江戸後期の蘭医。美作(みまさか)津山の人。号は紫川・逢谷。宇田川榛斎(しんさい)に蘭学を学び、幕府天文方翻訳掛となる。ロシア使節プチャーチンに応接。日米和親条約締結に参画。

三省堂提供「大辞林 第二版」より