湊線

地理

湊線

みなとせん

ひたちなか海浜鉄道鉄道路線

茨城県の勝田駅から阿字ヶ浦駅間 14.3 km を結ぶ。

駅一覧

駅名よみ
“えき”は略
勝田駅かつた
日工前駅にっこうまえ
金上駅かねあげ
中根駅なかね
高田の鉄橋駅たかだのてっきょう
那珂湊駅なかみなと
殿山駅とのやま
平磯駅ひらいそ
磯崎駅いそざき
阿字ヶ浦駅あじがうら

非電化ワンマン運転が行われている。

1時間に1〜2本で単行、ラッシュ時のみ2〜3両編成となる。

列車交換は那珂湊駅で行われる。

所属車輌は旧国鉄キハ20系と同一設計の車輌が多数存在しており、昭和30年代前半の昭和レトロの雰囲気を存分に味わう事が可能である。

沿革

もともとは湊鉄道であったが合併により 茨城交通湊線 となった。

かつては上野から阿字ヶ浦駅まで海水浴客を運ぶ直通の急行列車*1が存在したため阿字ヶ浦駅のホームは異様なまでに長い。

その後乗客数の低迷により、ひたちなか市茨城交通、および同社の株主に対して2008年頃に廃止するとの意向が示されたが、市との協議の末に2007年9月27日に、ひたちなか市茨城交通の共同出資による第三セクター鉄道 ひたちなか海浜鉄道 として存続することが合意された。

2008年4月1日、茨城交通からひたちなか海浜鉄道湊線鉄道事業が移管された。

2014年10月1日、中根駅那珂湊駅の間に「高田の鉄橋駅」が開業。湊線の新駅開業は、日工前駅開業以来の52年ぶりとなる。


リスト::鉄道路線

*1国鉄時代。列車名はそのまま「あじがうら」

湊線
目次
    • ひたちなか海浜鉄道の鉄道路線
    • 駅一覧
  • 沿革