民権派五派

一般

民権派五派

みんけんはごは

1890年7月1日に行われた日本初の帝国議会衆議院議員選挙を受けて開会された、第1回帝国議会における現藩閥政府寄りの議員の集合体の通称『吏党』に対し野党的立場を採った通称『民党』だが、実は大きく5つの派閥に分かれバラバラであった。

当事の『民党』は『立憲自由党』と『立憲改進党』の2党であったが、その中でも『立憲自由党』は中身は寄り合い所帯の四分五裂の状況で、「東北派(河野広中)」「関東派(大井憲太郎・星亨)」「土佐派(板垣退助・片岡健吉・林有造)」「九州派(松田正久)」の4つの派閥があり、さらに第1回帝国議会における立場でも、①・硬派(中江兆民ら)、②・実務取引派(板垣退助植木枝盛土佐派の路線)、③・帝国ホテル派(中間軟派)に分かれていた。

民権派五派は、当事の立憲自由党の「東北派(河野広中)」「関東派(大井憲太郎・星亨)」「土佐派(板垣退助・片岡健吉・林有造)」「九州派(松田正久)」の4つの派閥立憲改進党の5つに分かれていたことをさす)

このような、四分五裂の状況で第1回帝国議会が丸く収まることはなく、予算審議の『民力休養、政費節減』めぐって、対立はエスカレートし、土佐派の二十八名は立憲自由党を裏切って政府案に賛同、修正案を作らせ、わずか二票差で軍拡予算案を可決させた。

この結果、民権派五派の曲がりなりにも成立していた大同団結路線は破綻し、『民党』は完全に四分五裂の状況になる。

この結果に喜んだ当事の藩閥政府衆議院を解散し、『吏党』で単独過半数を狙い、品川弥二郎内相などが大々的に選挙干渉を行う(※結果、各地で民党候補及び支持者と警察との衝突が発生し、自由党が強い高知県政府公式発表で死者10名・負傷者66名という流血の惨事が発生した他、全国で25名の死者を出した)が、それでも『民党』が『吏党』の議席数を上回り勝利。その後も、政府側は衆議院では『民党』優勢という『貴族院』とのねじれ解消を狙い、繰り返し衆議院を解散するが、初期議会選挙では『吏党』は1度も勝利することなく終わる。

このような日本の初期議会の状態は、1894年7月に日清戦争が勃発するまで続くことになる。