スマートフォン用の表示で見る

民谷伊右衛門

一般

民谷伊右衛門

たみやいえもん

鶴屋南北・作「東海道四谷怪談」の主人公。

物語

高家(吉良家)を公金横領の罪で追い出され、妻・お岩を抱えながら浪人しているところ、隣の伊藤家の娘・お梅に見初められ、金にも目がくらんでついに二重結婚。お岩は伊藤家から届いた薬の効果で顔がはれ上がり、錯乱の果てに死ぬ。伊右衛門とお梅の祝言の床にお岩が化けて出てきて、退治しようと振り回した刀がお梅を斬る。以後、伊右衛門は行く先々でお岩の霊に悩まされ、最後にはお岩の妹の夫、佐藤与茂七に討たれる。