スマートフォン用の表示で見る

夢路いとし・喜味こいし

アート

夢路いとし・喜味こいし

ゆめじいとしきみこいし

漫才師

実の兄弟のコンビ。通称「いとこい

2003年9月25日、兄の夢路いとし、永眠。

2011年1月23日、弟の喜味こいし、永眠。

略歴

昭和15年上方漫才の草分け、荒川芳丸に入門。

荒川芳博・芳坊と名乗り、兄弟コンビで漫才の修業時代に入る。

その後すぐ吉本興業に入り、子供漫才として舞台に立つ。

昭和23年秋田実先生と出会い、若手漫才集団(MZ研進会〜漫才の略)を結成。

この時芸名を夢路いとし・喜味こいしと改名する。

二人の話芸は現在の漫才における最高の水準をいくもので、

その呼吸・間・テンポなど話芸の妙は円熟の芸境を示して抜群である。

漫才の代表作品

主な受賞歴

昭和42年 文部省芸術祭(奨励賞)

昭和44年 ラジオ大阪第4回上方漫才大賞(大賞)

昭和46年 第8回放送批評家懇談会(ギャラクシー賞

昭和48年 大阪府民劇場賞(奨励賞)

昭和51年 第5回讀賣テレビ上方お笑い大賞(大賞)

昭和56年 第16回大阪市民表彰(文化功労賞)

昭和59年 フジテレビ日本放送大賞(功労賞)

昭和61年 昭和61年度大阪芸術賞

昭和62年 ラジオ大阪第22回上方漫才大賞(特別功労賞)

昭和62年 第7回花王名人大賞(特別賞)

平成 2年 第41回日本放送文化賞

平成 5年 平成4年度第43回芸術選奨文部大臣賞)

平成 5年 秋の紫綬褒章

平成10年 秋の叙勲 勲四等旭日小綬章

平成10年 第27回上方お笑い大賞讀賣テレビ演芸文化賞

平成11年 大阪市指定無形文化財(上方漫才)

平成12年 ラジオ大阪関西テレビ

      第35回上方漫才大賞(特別功労賞)

平成13年 第30回讀賣テレビ

      上方お笑い大賞(30周年記念特別賞)

平成17年 第9回上方演芸の殿堂入り