スマートフォン用の表示で見る

無伴奏チェロ組曲

音楽

無伴奏チェロ組曲

むばんそうちぇろくみきょく

Suiten fur Violoncello solo(独)

Unaccompanied Cello Suites(英)

J.S.バッハJohann Sebastian Bach, 独, 1685年-1750年)の楽曲。チェロのための独奏曲。第1番から第6番まである。

無伴奏チェロ組曲は20世紀前半までその存在は軽視されていたが、パブロ・カザルスによって「再発見」され、今日ではチェリストバイブルとも称される。

特に第1番のプレリュードは有名。


代表的な奏者

パブロ・カザルス

バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)

ヨーヨー・マ

バッハ:無伴奏チェロ組曲(全6曲)

ミッシャ・マイスキー

バッハ:無伴奏チェロ組曲第1&3&5番

バッハ : 無伴奏チェロ組曲

ヤーノシュ・シュタルケル

バッハ:無伴奏チェロ組曲(全6曲)

アンナー・ピルスマ(古楽器

バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)

鈴木秀美古楽器

バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)

バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)

今井信子ヴィオラ演奏)

バッハ:無伴奏チェロ組曲(全6曲)

清水靖晃サックス演奏)

CELLO SUITES 1.2.3 CELLO SUITES 4.5.6. ASIN:B0000W3S0C

その他、ギター、ホルン盤もある