無尾翼機

一般

無尾翼機

むびよくき

尾翼や先翼を持たない航空機垂直尾翼がある場合でも、水平尾翼がないことをもって無尾翼機と呼ぶ。

通常の航空機では、縦の安定のため尾翼または先翼を用いるが、無尾翼機では主翼自体が安定を維持する機能をもっている。主翼の後ろの部分が尾翼として機能する、という見方をすることもできる。

無尾翼機の多くは、主翼の平面形として安定性を高める長所を有する、後退翼デルタ翼を採用している。

ステルス爆撃機B-2などの全翼機は、無尾翼機の一形態。