無防備地域宣言運動

無防備地域宣言運動

(一般)
むぼうびちいきせんげんうんどう

ジュネーブ条約第一追加議定書に規定された「無防備地域宣言」を行うことなどを地方自治体に求める市民運動。

この運動の目的は、国民保護法 (正式名称: 武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律)(第3条)、自衛隊法、武力事態対処法などの法律により、国民が「民間人」か「軍人」かの区別がつきにくくなるため、明示的に「自分たちは民間人である」と宣言することだと推測される。
ただし無防備地域宣言は戦時を生き抜くための戦術・戦略のひとつに過ぎず、平時において宣言することの有効性は皆無である。
また、有事においても、空軍の爆撃やミサイル攻撃など「軍隊が接触」しているとは言えない攻撃については宣言自体は無効と判断されています。


現時点においてはジュネーブ条約とその補足、また日本国において定められた各種関連法令の規定により、地方自治体レベルでの宣言は無効であるとの解釈がなされている。これについては首相官邸側からも公式に「地方自治体による宣言行為」を否定する旨の見解が出されており、日本国政府における公式な見解と考えるべきだろう。
ただしこの見解はあくまでも平時におけるものであり、有事下においてはこの限りではない。

これら法律的な解釈については、下記のサイトにおいて詳しく説明されている。

新着ブログ: 無防備地域宣言運動