スマートフォン用の表示で見る

霧舎巧

読書

霧舎巧

きりしゃたくみ

1999年、『ドッペルゲンガー宮』で第12回メフィスト賞を受賞しデビュー。 ペンネームの命名者は島田荘司
2002年、「霧舎が書かずに誰が書く!」との宣言とともに学園ラブコメ新本格ミステリ「霧舎学園ミステリ白書」シリーズがスタート。ミステリ界の常識をいろんな意味で打ち破る。

著作リスト

  • 《あかずの扉》研究会シリーズ
  • 霧舎学園ミステリ白書シリーズ
    • 「四月は霧の00密室」
    • 「五月はピンクと水色の恋のアリバイ崩し」
    • 「六月はイニシャルトークDE連続誘拐」
    • 「七月は織姫彦星の交換殺人」
    • 「八月は一夜限りの心霊探偵」
    • 「九月は謎×謎修学旅行暗号解読
  • 霧舎巧 傑作短編集」
  • 「名探偵はもういない」
  • 「名探偵はここにいる」
《名探偵》シリーズは原書房ミステリーリーグで他は講談社ノベルス。《あかずの扉》シリーズは文庫版も刊行済。